REVALCY (Vol.3)

ROAD TO DEBUT

ROAD TO DEBUT

遠くて近い! 近くて遠い!
先輩アーティストに聞いたデビューへの道のり

Interview:REVALCY(リヴァルシィ)

 

幼少期から自然と2人でハーモニーをつけていたというボーカルコンビネーションが魅力の、兄Takeshi、弟Takumiによるツインデュオグループ。グループ名は、“表裏一体”のイメージで、reversi(リバーシ)を変形させた造語。ルーツであるR&Bをベースにしながらも、ロック、ダンスミュージック等、様々なジャンルを自由に横断しながら繰り出される限りなく伸びのある歌声と、変幻自在にメロディとコーラスを2人が自由に行き来する絶妙なコーラスワークには定評があり、新人ながら大いに注目を集めている2人組。2014年11月にTVアニメ『まじっく快斗1412』エンディングテーマ「WHITE of CRIME」でメジャーデビュー。2015年8月リリースの2nd Single「EXIT」は、TVアニメ「デュラララ!!×2 転」のエンディングテーマ。2月17日には渋谷TAKE OFF7にて、小川智之氏が率いる音楽ユニット・SPECOCOとのスペシャルコラボレーションライブが開催されます! コーラスワークに精通した2人へのインタビューは、ソニトレ受講生にとっても参考になるさまざまな練習方法やアドバイスが詰まっています。全4回に分けてお届けします! それでは、第3回スタート!


声だけでなく表情も研究する!全パートをマスターして幅を広げる!

-コーラスつくりや練習方法などを教えてください

Takeshi コーラスをつくるときは、ピアノなどの楽器は一切使っていません。コードもわかってはいますが、コードの構成音に縛られたくないので、声だからこそできる気持ちのいいハーモニーを目指してつくります。そのテンションの音(*1)や、ぶつかり合っている音同士でも、声の場合は、ハモれるんです、実は。ピアノの音の鍵盤と鍵盤の間にある中間音とか、クォーターみたいな音、楽器では表現が難しいような音でも、声では表すことができます。少しフラット気味に歌ったり、シャープ気味に歌うことで、意外に隣同士の音でもハモることができるので、それを重ねあわせていくのが好きです。ハーモニーをつくるときは、聴きながら思いついて歌いながら自然にハモをつくり始めるのですが、作り終わったときには、よく覚えていなくて、あとで録音を聞いて確認します。

(*1)…安定を欠いている音や和音などに対する音楽表現

 

-独自な部分はどういうところですか?

Takeshi リヴァルシィのハーモニーは、ちょっと変わっていると思われようなところもありますが、アメリカなどでは当たり前になっているところでもあります。ハイパート、ミドルパート、ロウパートなどと、固定的なパート担当を振り分けて決めるようなことは一切ありません。ハイからロウへ、ミドルへ移っていったりとか、ラインを関係なく自由につくっていて、フェイクでハモったり、ブルーノートの音が入っていたり、けっこう難しいので、一発で絶対覚えられないだろうなっていうものも、Takumiは、1、2回聴いたら、できてしまうので、自分でつくったのはいいけど、自分じゃ覚えられないラインをきっちりと表現してくれるので、パートナーとしては、非常に信頼しています。

-Takumiさんはどうですか?

Takumi 小さい頃からやっているので、体が覚えているのだと思います。ハーフやクォーターなどの音の使い分けも、感覚的に理解できている部分です。その部分に対しては、練習というより、実践がトレーニングのような感覚です。

-ボイトレなどはやりましたか?

Takeshi 実は、小さい頃に教えてもらった以外、ボイトレはほとんどやってきませんでした。自分たちなりに声の出し方を研究していきましたので、いつもこれで適っているのかなという疑問は常にありました。それを解決してくれて、なおかついいアドバイスをいただけたのが、マイケル・ジャクソンのボイスコーチを長らく務めていたセス・リグスさんとの出会いでした。LAに行く機会があって、ボイストレーニングの神様みたいな人に教えてもらう機会をいただけたので、それまでの自己流の声の出し方・使い方が良かったのか悪かったのかを知るために、その方の前で歌って聴いてもらうことができました。「問題ない。言うことはない」と言われて、自分たちのやり方に対する自信をもらいました。さらに音域を広げるためにリップロールなどの取り入れ方を教えてもらってとても役立っています。

-どんなことがよくなりましたか?

Takeshi アドバイスを受けて、実際の喉がすぐ変わるかと言えば、体を鍛えるのと同じなので直ちに変わるわけではないんです。ただ、脳というか、意識がすごく変わりますよ。こうすればいいんだな、っていう意識づけがあることで、不安が解消されることは多々あると思います。ボイトレってメンタルな要素が多くって、自分だけで考えていること、感じていることをひとりで解決するのが難しい時に、客観的にアドバイスを聞けることで、精神的な負担が軽くなることは、大いにあると思います。

-オリジナルなボイトレ法ってありますか?

Takumi どうすればより上手くなれるかなって考えていたときに、単純に人間としての身体機能をさらに高めれば、もっと上に行けるはずだと思いました。今でも続けているのですが、ランニングしながらマスクを付けて走る、マスク2,3枚を同時に付けて、ほとんど息ができない状態で走り続けることをやっています。これで、横隔膜や肺など息が長く続けられるかどうかを鍛えているわけです。これはかなりいいですよ。あとは、プールに行って、ひたすら潜水をし続けるというのも時々やっています。自分自身の身体能力をあげるためです。

-ほかにはどんな練習法がありますか?

Takeshi 黒人シンガーを中心にR&Bの曲を聴きこんで勉強する過程では、CDだけではなく、映像で勉強することが役に立ちました。顔の表情をよく見ます。セス・リグスさんに教えてもらったことなのですが、黒人シンガーは、顔の頬の筋肉に特徴があるんです。日本人シンガーとは頬のつくりに大きな違いがあって、もともと頬の上部が少し膨らんでいます。膨らみがあるほど、響きとかハイトーンが出しやすくなると教えてもらいました。だから自分たちも、笑顔気味にして頬を上げて歌うことで響きをよくするように心がけています。表情、口の開け方、舌の位置などを映像を見て研究しています。お客さんに見せるという意味の表情ではなく、声をどう出しているのかという意味での表情の研究を重要視しています。

-「ボイトレで表情がよくなってモテるようになった!」ということが言われていたりしますが、どう思いますか?

Takeshiそうかもしれないです。全身を使って、顔の表情も豊かにすることが、ボイストレーニングでは必要なことだと思いますので、ボイトレを行うことで、血行がよくなって、いい表情になって、モテるようになるということもあると思います。ダイエットにもいいかもしれないです。

「今、いっしょに練習できるパートナーがいない」。そういうとき、ひとりで練習する場合に、いい練習方法はありますか?

Takeshi 自分たちも未だにずっと心がけて練習しているのが、ある曲を課題としたときに、メロディラインだけをマスターしたり練習したりするのではなく、どのハーモニーのラインも全てをマスターすることです。メインパートを一切歌わないで、その曲のハーモニーだけを歌い続けて練習すると、とても勉強になります。ハイパートの歌い方を完全にマスターする。ロウパートの歌い方を完全にマスターする。すべてのパートで、一曲をフルにできるようにする。そのうえで、ここが大事なのですが、「自分はハイが得意だからハイだけやろう」ではなく、ロウパートの練習も必要なんです。自分が全パートをできるようになることによって、ソロでメインを歌った時でも、高いところの出し方も勉強になるし、AメロBメロの転換でちょっと落ち着かせたいときに、ロウパートを歌う時のようなゆったりした声質で歌うことができるようになりながら、一方またサビでは、ハイパートのように抜けた声を出せるようになる。そういうことがとても勉強になります。ハーモニーの勉強にもなるし、メインを歌う時の勉強にもなる。自分のボーカル全体の幅が広くなります。これを続けるといいと思います。

(第3回終わり)

続きを読む方は無料会員登録が必要です

新規登録 ログイン

Release

REVALCY(リヴァルシィ)

Single

「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」

配信日:2016年2月10日(水)

「Sweet & Bitter Chocolate feat.SPECOCO」

配信日:2016年2月10日(水)


☆レコチョク

http://recochoku.jp/artist/2000310976/


☆itunes

https://itunes.apple.com/jp/artist/revalcy/id937589285


☆mora

http://mora.jp/artist/451224/

Profile

兄Takeshi、弟Takumiによるツインボーカルユニット。2014年10月から放送のアニメ「まじっく快斗1412」エンディングテーマ「WHITE of CRIME」でメジャーデビュー。
REVALCY : www.revalcy.com
SPECOCO : www.specoco.com

新着ブログ一覧

スタッフブログ2017年7月11日

NEW

ソニーミュージックコンベンションライブ

スタッフブログ2017年5月18日

今月のおススメPV

スタッフブログ2017年4月4日

ラ・ラ・ランド

セルフスタディー

読むボイトレ2017年2月21日

NEW

美声のための土台作りのススメ

読むボイトレ2017年1月31日

美しいボイトレのススメ

読むボイトレ2017年1月13日

リップロール、出来ますか?

 今すぐ会員登録