近藤晃央(Vol.1)

ROAD TO DEBUT

ROAD TO DEBUT

遠くて近い! 近くて遠い!
先輩アーティストに聞いたデビューへの道のり

近藤晃央の巻

詞、声、メロディにその独特の世界を持ち、様々な才能を各方面に伸ばして活躍する愛知県出身のシンガーソングライター&グラフィックデザイナー。2012 年9 月 シングル「フルール」でメジャーデビュー。2013年6 月 には1st アルバム『ゆえん』をリリース。2016年には、4 月に2nd アルバム『アイリー』を、11月には7thシングル「涙腺/クリスマスチキン(feat.ダイスケ)をリリースして多くのファンを魅了し続けている。待望のフルバンドでのワンマンライブ、近藤晃央ONE MAN LIVE 2017「分泌音」の名古屋公演(@ElectricLadyLand)が1月27日(金)に、東京公演(@Shibuya WWWX)が1月29日(日)に開催される。アーティストとしては稀有な裏方体験なども含めて、デビューまでの道のりや歌うこと、創作活動についてのインタビューを4回に分けて連載します。それでは第1回スタートです!


第1回 声を出すことを躊躇(ためら)っていると歌がどんどんヘタになる?!

-歌を歌い始めたのはいつ頃からでしたか?

☆ 近藤  ただ歌うということではなく、歌を練習したいと思うようになったのは中学生の頃でした。普通の公立中学校だったのですが、授業で全員がギターを弾くのがマストという指導をしてくれた熱心な音楽の先生の手ほどきで、J-POPを課題曲にしてコードをひとつづつ教えてもらって、ギターを弾き始めました。そんな環境でもあり、自分も楽しかったので、その頃から歌や音楽に対する意識が深まったと思います。授業でギターの練習をするのがポップスの曲だったので、その曲が弾けるようになってくると必然的にそこに歌を添えたくなってきて、練習して弾きながら歌ってみたというのが、歌うことの最初のきっかけでした。

-どんなふうに歌っていましたか?

☆近藤 近藤 授業の曲だけでは満足できなくなると、歌詞とコードだけが何百曲も載っている分厚いスコアブックのような「歌BON」という定期雑誌が毎月発売されていたので、それを使って、コードがわかりやすくて弾けそうかなと思うものを、次々に弾いていました。ゆず、19(ジューク)などのギターで作曲された曲を、当時はよく弾いていたように記憶しています。初めは、テンポをキープするだけでも難しかったので、それに集中して、次にはとにかく原曲を歌っているアーティストのまねするところから入りました。最初は、そのアーティストに近づけるように、ものまね、声まね、歌い方まねみたいなことをずっとしていました。

-どんなことを心掛けていましたか?

☆近藤 当時はまだ、自分に合うジャンルがあるとかないとかは、わかっていなかったですね。自分の歌い方を把握できていなかったし、何が合っているのかもよくわかりませんでした。ただ、自分は声が太いほうではないということは、わかりました。ものまねから入っていたので、自分の声質に似通っている人の曲は歌いやすく感じて、自分ができない歌い方は自分の声質に合っていない歌い方なのだと理解できました。声質の近い人の曲で練習するほうが無理がないと自然に思うようにはなりました。

-歌っていたのはどんな曲ですか?

☆近藤 知らない曲をどんどん取り入れたかったので、意識的にテレビの歌番組などで新曲をチェックすることも心掛けていましたが、毎週のように新譜のCDシングルを10枚ほどCDレンタルショップで借りてきては聞き聴き込んでいました。男性アーティストでも女性アーティストでも、洋楽も邦楽も区別なく、自分が好きなジャンルとかそうでないジャンルとかも関係なく、自分に対するノルマのような心持ちで、ショップの注目コーナーにある気になったものを片っ端から借りてくるようにして、聴いてはそれを歌っていました。できるものは耳コピなどもしていました。いろんなものを聴いていたので、そこで音楽の素養みたいなものはできたのかもしれません。アコースティックギターから始めましたが、エレキギターに移った頃でもあったので、自分の路線的には、ロックっぽいもの、メロディックパンクのようなものが多かったと思います。

-ほかに、当時、歌うことで何か気をつけていたことやよく練習したことなどはありますか?

☆近藤 声を出すことに躊躇する気持ちがあるとピッチが悪くなるように感じていました。どういうことかと言えば、みんなといっしょに歌っていると、自然になじもうとする意識が生まれるので声量がだんだん小さくなってしまいます。声量が落ちると、だんだん自分に聴こえなくなっていくので、音程が次第に悪くなっていく。そう感じていました。カラオケではそうはならないので、気づきました。控え目にしたり、自信ないまま歌っていると、音程がとれなくなってきたりするのだと思っていましたので、自分としては勘違いでもいいから、勝手に自信を持って「大きい声で歌ったほうがいい」と思うようにしていました。大きな声を出すことが、ひとつの大事なトレーニングだと思っていました。ただ、学生時代としては、大きな声で歌うのを恥ずかしがらないようにするのが、慣れるまではなかなか大変なことでしたね。

(第1回終了)

続きを読む方は無料会員登録が必要です

新規登録 ログイン

Release

近藤晃央

Single

涙腺 / クリスマスチキン feat.ダイスケ

2016. 11. 23 Released

[ 収録曲]
1. 涙腺 / 2. クリスマスチキン feat. ダイスケ / 3. 操り人形劇 feat. ダイスケ

【初回A】 CD+DVD ¥2,000 (税込) / BVCL-758~759
DVD:「近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR~IRIE LAND~」東京公演から6曲のライブ映像を収録。「グラデーションフライ」「かわいいひと」「理婦人ナ社会」「らへん」「ビビリーバー」「テテ」

【初回B】CD+DVD ¥1,800 (税込) / BVCL-760~761 
「涙腺」 「クリスマスチキン feat.ダイスケ」 MusicVideo2 曲
「 レコーディングメイキングムービー」「ジャケット&アーティスト写真撮影メイキングムービー」「ミュージックビデオメイキングムービー」収録

【通常盤】CDのみ ¥1,300(税込) / BVCL-762
通常盤のみBonusTrackとして 「恋文 -plugless ver.-」 収録


★LIVE情報
近藤晃央 ONE MAN LIVE 2017「分泌音」
2017/1/27(金) 名古屋公演 @ ElectricLadyLand   開場18:30 開演19:00 
2017/1/29(日) 東京公演 @ Shibuya WWWX  開場16:00 開演17:00 
前売:4,500円+ドリンク代 全自由

Profile

詞、声、メロディにその独特の世界を持ち、様々な才能を各方面に伸ばして活躍する愛知県出身のシンガーソングライター&グラフィックデザイナー。2012 年9 月 シングル「フルール」でメジャーデビュー。2013年6 月 には1st アルバム『ゆえん』をリリース。2016年には、4 月に2nd アルバム『アイリー』を、11月には7thシングル「涙腺/クリスマスチキン(feat.ダイスケ)をリリースして多くのファンを魅了し続けている。待望のフルバンドでのワンマンライブ、近藤晃央ONE MAN LIVE 2017「分泌音」の名古屋公演(@ElectricLadyLand)が1月27日(金)に、東京公演(@Shibuya WWWX)が1月29日(日)に開催される。

新着ブログ一覧

スタッフブログ2017年5月18日

NEW

今月のおススメPV

スタッフブログ2017年4月4日

ラ・ラ・ランド

スタッフブログ2017年3月30日

テレビ埼玉の番組MC

セルフスタディー

読むボイトレ2017年2月21日

NEW

美声のための土台作りのススメ

読むボイトレ2017年1月31日

美しいボイトレのススメ

読むボイトレ2017年1月13日

リップロール、出来ますか?

 今すぐ会員登録