ジェイディーズ (vol.1)

ROAD TO DEBUT

ROAD TO DEBUT

遠くて近い! 近くて遠い!
先輩アーティストに聞いたデビューへの道のり

Interview:ジェイディーズ

 

2012年11月に開催されたオーディション、『LOTTE Sony Music 歌のあるガムプロジェクト2012「NEXT」』にて、8000組の中からグランプリを獲得し、ソニーミュージックよりのメジャーデビューを決定させた、全員が2000年代生まれの現役中・高生4人組、ダンス・ボーカル・モデルグループ ジェイディーズ。2013年7月には、パリで開催された来場者20万人のビッグイベント、JAPAN EXPOに史上最年少ゲストとして出演。2000人の前でライブを行い、デビュー前から世界に通用するパフォーマンスを披露。2013年10月にはCDデビュー前にも関わらず、TVアニメ「ポケットモンスター XY」のエンディングテーマ担当に抜擢され、2014年9月24日にはデビューシングル「Beasty Girls/Let the music flow」をリリース。2015年5月20日には、2 nd シングル「だいすき」をリリース。2015年12月2日には、大注目ゲームPS Vita「エアシップQ」タイアップソング、3rdシングル「ニャゴニャゴジャンケンのうた」をリリースして、活躍中。メンバーのMOMOKA、Nono、Meik、amiの4人に、オーディションやデビューまでのこと、ダンスと歌を両立させることなどについてインタビューしました。全3回に分けてお届けします。それではまず、第1回です!!


第1回

ダンスで培った表現力をボーカルにも活かして、歌とダンスをバラバラにしない!

-ダンスや歌を始めた頃のことを教えてください。

MOMOKA  憧れていた人が安室奈美恵さんだったので、歌とダンスをいっしょにやりたくて、そういうレッスンをやっているスクールに小学校5年生の頃に入りました。歌をはじめたのはそれがきっかけです。それが、今自分たちがやっているこのジェイディーズのスタイルに繋がっていったと思っています。レッスンでは、基礎のヒップホップ、ジャズダンス、タップ、ハウスなど、いろんなジャンルをやって、自分で踊っていて楽しいと思えるものや、周りの人から見て私に合っていると言ってもらえるような、自分に合うダンスを探していました。基礎を重視して中心的にやっていくことと、発表会等に積極的に出て、人前で踊るという楽しさを体験することができました。

 

☆Meik  ダンスは小学校入学前からやっていましたが、歌は2012年のオーディションをきっかけにして始めました。音楽との接点は、ダンスで洋楽を使うことが多かったので、洋楽を聴いていることが多かったです。最近は日本の歌もよく聞いていますし、日本の歌もダンスで使ってます。ダンスレッスンは、基礎から初めて、ストレッチ、振り付け、と普通のことをやっていました。少ししてから、モノ(例えばめがね等)を使って自由に踊るといった創作的なこともやっていました。

 

☆Nono  小さい頃からダンスをやっていたので、ダンスのお仕事ということでダンサーを目指していましたが、あるとき将来のことを考えたときに、バックダンサーではなく、もともと歌うことが好きだったので、前へ出て歌ってみたいと思うようになりました。それからは“歌とダンス”ということでやっていきたい思うようになりました。

 

-歌とダンスを両立させることについて教えてください

ami  ダンスは小学生の頃からやっていましたが、歌は2012年のオーディションをきっかけに始めました。それまで歌う機会はまったくなかったので、そのときは歌については未知の世界に踏み込んだ印象でした。歌というものが、ただ声を出してメロディにあわせることだけじゃないと、はじめて知ることになりました。 ボーカルレッスンを受け始めて、まず、声をどう出すのかという基礎の基礎を学びました。普通に声を発していいるときの声の出し方ではなく、歌う時にはお腹から声を出す。そうすれば、大きい声が出る。そんなふうに、先生からいいタイミングで、その時々のポイントを指導してもらって、歌の魅力を知ることになりました。そこからは、ダンスと同じくらい、歌が大好きになりました。 ダンスのレッスンは歌のレッスンより前にやっていたので、ダンスで培った表現力やどういうふうな力加減で自分の表現を見せられるかについては、ある程度わかっていて、自分のやり方があったのですが、ダンスと歌をいっしょに表現するとなったときに、歌ではどう個性を出していけばいいのか、その表現力とはどういうものなのか、いろいろ考えることが多くありました。

 

☆MOMOKA  ダンスは小学校1年生からやっていて、ダンスミュージックをよく聴いていましたが、それ以外にも、JPOPも大好きで、ずっといろんなジャンルの音楽を聞いていましたので、歌を歌い始めた時には、それを活かすことはできたのではないかと思っています。 ダンスでもしっとりとした曲にはそれに合わせた振付があるように、しっとりした歌であれば、声質や歌い方もやさしくする。しっとりした曲では、少し息を多めにして歌う。曲にあわせることは、大切なことだと思いますので、いろんな曲を聞いたり、聞いたことのない曲をいろいろと研究中です。歌を始めたばかりの頃は、ダンスと歌の両立をすごく難しく感じていました。ダンスだけをやっているときは、自分の体のなかのの呼吸だけでいいのですが、歌うときにはメロディに合わせて歌うことも必要なので、それに合わせて呼吸もして、そしてまた踊るとなると、ダンスだけをしているときに比べて倍以上の体力を使います。体力を維持するのが難しいと感じましたので、体力を鍛えるような、肺活量を鍛えるようなレッスンもしています。

 

☆Nono  ダンスだったら自分の個性を出すことについては、あまり考えなくても自然と身体でできていたのですが、歌で自分を表現することについては、技術的な部分、自分の気持ちをどう歌に乗せて行けばいいのかということを、自分の中で整理しきれていませんでした。そこが考え深いところでした。 今、私が取り組んでいる練習中の課題は、歌とダンスをバラバラにしないことです。 どうしても、ダンスだけの表現と、歌だけの表現が、自分の中でそれぞれに決めてしまっているところがあり、不自然になったり偏ったりしてしまいがちです。それが、ひとつにならないことには、ひとつの作品にはならないので、自分のなかで世界観を決めて、それをダンスと歌をいっしょにまとまった状態で見せることができるようにしようというのを、今、課題として練習しています。

 

(第1回おわり)

続きを読む方は無料会員登録が必要です

新規登録 ログイン

Release

ジェイディーズ

Single

「ニャゴニャゴジャンケンのうた」

NOW ON SALE
SRCL-8961
¥1,111(w/tax)

【収録曲】
◆CD 
01. ニャゴニャゴジャンケンのうた
02. NO.ニャイン
03. ニャゴニャゴジャンケンのうた~off vocal ver.~
04. NO.ニャイン~off vocal ver.~

Profile

新着ブログ一覧

スタッフブログ2017年7月11日

NEW

ソニーミュージックコンベンションライブ

スタッフブログ2017年5月18日

今月のおススメPV

スタッフブログ2017年4月4日

ラ・ラ・ランド

セルフスタディー

読むボイトレ2017年2月21日

NEW

美声のための土台作りのススメ

読むボイトレ2017年1月31日

美しいボイトレのススメ

読むボイトレ2017年1月13日

リップロール、出来ますか?

 今すぐ会員登録